Windows ログオン(ログイン)パスワードを忘れた時には


Windows 98 や Windows Me など、古い OS は、パスワードを忘れたとしても、キャンセルすればそのまま先に進むことができます。

ですが、Windows XP や Windows Vista の場合は、ログオンする事が出来ません。
Windows XP や Windows Vista でパスワードを忘れた時にはどうすれば良いでしょうか?

セーフモード、パスワード解析ソフトを使用する方法など、色々な手段がありますので、順に確認してゆきましょう。(最後の手段はリカバリですね)

スポンサードリンク

Administrator によるログオン


普段は意識する事はありませんが、Windows XP や Windows Vista には、Administrator という管理者ユーザーが登録されています。

普段使用しているユーザーにはパスワードを設定していても、Administrator にはパスワードが設定されていないかもしれません。(セキュリティ的には、Administrator にもパスワードを設定しておいた方が望ましいですが)

パスワードを忘れてしまった場合は、ユーザー名 Administrator パスワード 無し でログインを試してみるのも良いでしょう。
Administrator でログインできたら、パスワードを忘れてしまったユーザーのパスワードを再設定しましょう。

ただ、Administrator は、通常の起動時のユーザー一覧には表示されていません。
Administrator を表示させるには、コンピュータをセーフモードで起動しましょう。

セーフモードとは

セーフモードとは、Windows を最小限の状態で起動するモードです。Windows の調子が悪く起動しなくなってしまったような時には、セーフモードで起動して、問題を取り除く事ができます。
セーフモードで起動するには、コンピュータの電源を入れてから、以下のキーを何度か叩いていると、起動メニューが表示されますので「セーフモード」を選択してください。
F8キー (Windows Vista/XP/2000/95 の場合) Ctrlキー (Windows ME/98の場合)

スポンサードリンク

Ophcrack の使い方


Administrator にもパスワードがかかっていて、ログインできないような場合には、パスワード解析ソフトを使う、という方法があります。

Ophcrack(http://ophcrack.sourceforge.net/)
※使用は自己責任でお願いします。

Ophcrack の使い方ですが、ダウンロードページの Ophcrack Live CD から、OSにあった iso イメージをダウンロードします。(iso イメージは、XP、Vista 用があるようです)

ダウンロードした iso イメージ をCDに焼き、Ophcrack の解析CDを作成します。

作成したCDで、コンピュータを起動すると、自動的にパスワードの解析が開始します。

なお、LMハッシュ、NTLMハッシュ の作成を無効にしているコンピュータでは解析する事が出来ないようです。

スポンサードリンク

インターネット接続や電子メール、FTPなどのパスワードを忘れた時には


インターネット接続や、電子メール、FTPなどのパスワードは、入力されていても、*** とアスタリスクで表示されています。

再設定したい時などに、*** が、実際に何と入力されているのか知りたい場合は、*** と入力されているパスワードを確認するソフトウェアを使用すると良いでしょう。

「パスみえ 2000」(http://quickware.a-quest.com/passmie/about.htm)

パスみえ 2000 の使い方 は簡単です。
プログラムを実行するとカーソルが表示されますので、それを表示させたいパスワードにドラッグするだけです。

パスワードが見えない
通常、パスワードは、アスタリスク「*」で表示され、入力内容が分からない。

パスみえ2000
パスみえ2000の実行画面。
左にあるターゲッティングのアイコンを、確認したいパスワードにドラッグ&ドロップする。

パスワードが確認できる
パスワードの内容が表示され確認出来るようになる。

スポンサードリンク